虫歯・歯周病にならないために~予防~

  • ホーム > 
  • 虫歯・歯周病にならないために~予防~

治療ではなく予防の時代治療ではなく予防の時代

歯科先進国の欧米諸国に比べ、日本で定期検診をきちんと受けている方の割合はとても少なく、80歳になったときの残存歯数は半分以下になっています。健康な毎日を送るために虫歯歯周病から大切な歯を守るためにはどうすればいいのか、予防のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者様一人ひとりの口腔内の状態に合わせて丁寧にご指導いたします。

痛くなる前に歯医者へ行こう痛くなる前に歯医者へ行こう

痛くなる前に歯医者へ行こう

「歯が痛むから歯医者さんへ行かなければ」と、通院し始める方がほとんどだと思います。しかし、本当に自分の歯を守るには「痛くはないけれど歯医者さんへ行こう」に替えなければなりません。

虫歯や歯周病は治療をして見かけ上は元通りになりますが、完全に治ることはありません。治療後のメインテナンスを怠り、再発を繰り返すとそのたびに歯はダメージを受けます。そしていずれは、歯を失ってしまうこともあります。

自分の歯をいつまでも健康に保つためには歯が健康なうちから予防に取り組み、もし病気になってしまった場合は、治療後のメインテナンスをしっかりと続けることが大切です。

日本と海外の予防意識の格差日本と海外の予防意識の格差

日本は歯科予防に対する意識が低いと言われています。ここで、歯科先進国である欧米諸国と日本の予防意識と、歯の残存本数を比べてみましょう。

日本と海外の予防意識の格差

定期検診を受けている人の割合が多い国は80歳で残っている歯の平均本数が多いことが、グラフを見てわかります。スエーデンでは定期検診を受けている割合が90%も占め、80歳での残存歯数の平均は20本になっています。一方、日本では定期検診は全体の2%しか受けておらず、80歳では欧米諸国の約半数の8本しか自分の歯が残っていません。欧米では定期検診に通い、虫歯や歯周病になる前に積極的に予防に取り組んでいる姿が現れています。

歯科衛生士は担当制歯科衛生士は担当制

歯科衛生士は担当制

定期検診では歯科医師だけでなく歯科衛生士も口腔内のケアを行います。歯科衛生士は予防のプロフェッショナルです。患者様一人ひとりに歯科衛生士が担当制で就くのでコミュニケーションが取れ、緊張せずに検診を受けることができます。また口腔内に関するお悩みなど、どんな小さいことでもご相談ください。

歯を予防するメリット歯を予防するメリット

定期検診に通い、予防を行うメリットはたくさんあります。

虫歯や歯周病になる前にケア虫歯や歯周病になる前にケア

虫歯や歯周病になる前にケア

定期的に口腔内を診てもらうことで小さな変化も見逃さず、悪化しがちの口腔内環境を改善、正常に整えることができます。また、虫歯や歯周病になりかけている患部を見つけ出し、早期治療が可能です。

医療費削減医療費削減

医療費削減

「健康な状態なのに検診代がかかるのがもったいない」と定期検診を受けない方がいらっしゃるかもしれません。しかし、歯周病や虫歯になると完治するまでに医療費が意外とかかります。早期に発見して未然に防ぐことで医療費が最小限に抑えられるため、年に数回の検診代金の方が経済的です。

痛い治療を避けられる痛い治療を避けられる

痛い治療を避けられる

定期検診は痛みがありません。また検診で見つかったごく初期の症状の虫歯や歯周病は治療が簡単です。ほとんど痛みがない処置で完了します。

たけうち歯科医院の予防メニューたけうち歯科医院の予防メニュー

定期検診
定期検診
定期検診
定期検診
定期検診では口腔内の状態を2~4か月ごとにチェックします。専門家の厳しい目はお口の中の小さな変化も見逃さず、虫歯や歯周病を早期発見し早期治療が可能です。比較的簡単に治療ができるため時間的にも、経済的にも身体的にも負担が軽減できます。
PMTC
PMTC
PMTC
PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。専門家による歯のクリーニングです。専用の器具を使用し、普段のブラッシングでは取り除くことができないプラークや歯石、バイオフィルムなどを根こそぎ落とします。タバコのヤニにより黄ばみ、軽度の着色汚れもきれいに落とすことができ、本来の歯の白さを取り戻すことも可能です。口腔内の細菌の温床となる汚れをすべて取り去ることで細菌数が減少。すっきりと爽やかな感覚を得ることができます。
TBI
TBI
TBI
TBI
Teeth Brushing Instructionの略。専門家によるブラッシング指導を行い毎日のセルフケアに役立てていただけます。患者様一人ひとりの口腔内の状態に合わせた指導で歯ブラシの選び方からブラッシングの仕方まで担当の歯科衛生士がご指導いたします。汚れが残りやすい自己流のブラッシング方法を改善しましょう。
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素の塗布は歯質を強化し抵抗力を高めるため、まだやわらかい歯質の乳歯はもちろん、生え始めの永久歯にも高い効果を発揮します。また、初期の虫歯なら自然治癒につながることもあるので年齢を問わずおすすめしている予防方法です。
生活習慣の指導
生活習慣の指導
生活習慣の指導
生活習慣の指導
生活習慣の影響を大きく受ける虫歯や歯周病。規則正しい生活や食生活を手に入れることは虫歯や歯周病の予防にもつながります。特に糖質の摂り方には注意が必要です。糖質を必要以上に摂り過ぎると脳が中毒症状を引き起こし、依存状態になりがちです。口腔内の細菌は糖質から酸を産出し、歯を溶かします。糖質を多く摂取する生活習慣を改善しないとせっかく治療してもすぐに再発してしまう危険性があります。