銀歯が気になる・歯をキレイにしたい~審美治療~

  • ホーム > 
  • 銀歯が気になる・歯をキレイにしたい~審美治療~

セラミックスやホワイトニングで健康的で美しい口元を当院の審美修復治療のコンセプト

セラミックスやホワイトニングで健康的で美しい口元を

当院では歯周病治療、マイクロスコープを使用した根管治療などの修復を行う歯の基本治療をしっかり行った上で審美治療を行います。審美修復を行ってもこれらの基本治療や予防が実践できなければ全く無駄になってしまうからです。また、院長の竹内は日本歯科理工学会のDental Materials Senior Adviser (材料学の専門医)を取得しており、長年昭和大学歯科理工学教室でセラミックス材料や歯との接着の研究を行い博士号も取得しております。歯科材料という基礎医学においても科学的な根拠を持ち臨床に取り組んでいます。

オールセラミックス治療のメリットオールセラミックス治療のメリット

耐久性・適合性に優れています耐久性・適合性に優れています

少し前までセラミックスの欠点として割れやすい特質がありました。しかし現在使われているジルコニアやe-maxと呼ばれる二ケイ酸リチウムは割れやすさが改善され、天然歯と同程度の耐久性があります。また、接着方法も改善され適合性にも優れていて長期間利用が可能。再治療のリスクを低下させます。

審美性審美性

壊れやすいセラミックスはその強度を補うため金属で裏打ちしたものを使用するのが一般的でしたが、現在では金属を使用しない透明感のあるオールセラミックスでの修復ができるようになりました。さらに当院では信頼できる専門の技工士へ製造を依頼するため審美性に優れた修復が可能です。ただし、技工士加算が別途必要になります。症例など院内に設置してあるパソコンで紹介ができますのでお気軽にご相談ください。

生体親和性生体親和性

保険診療で使用される金属を使用した治療は、長期間の使用で金属イオンが溶解しアレルギーを誘発する原因になると指摘されています。また、劣化が激しいプラスチックは着色汚れやプラークが付きやすく、歯周病が再発するリスクが大きい素材です。陶磁器のような質感を持つセラミックスは汚れにくく、またアレルギーの原因となる金属イオンが溶解する危険性もありません。そのため生体親和性に優れた素材と言えます。

取り扱いの素材について取り扱いの素材について

ジルコニアセラミックス
特徴
土台と歯の色調を再現したセラミックスの間に強度の高いジルコニアセラミックスを使用。表面と同じ色調や強度があり、審美性や生体親和性に優れています。
e-max
特徴
特殊なセラミックス、ニケイ酸リチウムを高温高圧で接着。適合性に優れ、強度もあり、粘り強く壊れにくいのが特徴です。奥歯のみ対応可能な艶出しのみのステイン法とセラミックスを使い、歯と同じ色調に整えるべニア法の2種があります。素材の透明感が優れているため自然な仕上がりが実現できますが、土台の着色が強い場合、べニア法やジルコニアを使用した修復の方が自然に仕上がります。
ファイバーポスト
特徴
  • 銀の土台の場合

    銀の土台の場合

  • ファイバー制の土台の場合

    ファイバー制の土台の場合

特殊なセラミックス、ニケイ酸リチウムを高温高圧で接着。適合性に優れ、強度もあり、粘り強く壊れにくいのが特徴です。奥歯のみ対応可能な艶出しのみのステイン法とセラミックスを使い、歯と同じ色調に整えるべニア法の2種があります。素材の透明感が優れているため自然な仕上がりが実現できますが、土台の着色が強い場合、べニア法やジルコニアを使用した修復の方が自然に仕上がります。

自由診療の技工物は自由診療を専門に取り扱う技工所へ依頼自由診療の技工物は自由診療を専門に取り扱う技工所へ依頼

当院で取り扱う技工物はすべて院長 竹内が信頼している技工士へ依頼して作製しております。特に自由診療で扱う技工物は自由診療の技工物を専門の技工所へ発注します。自然により近く、審美性に優れた仕上がりをご希望の場合はさらにトップレベルの技工士へ依頼ができます。

伊藤繁先生は世界的に活躍されている技工士 青嶋仁先生が主催のゼミの5期生で、現在はパラディーゾデンタルスタジオを開業。当院院長 竹内が若いころから一緒に経験を積ませていただいた信頼の厚い歯科技工士です。院内では伊藤先生の手掛けた症例を紹介しておりますのでお気軽にお問合せください。

伊藤繁先生のご紹介
伊藤繁先生のご紹介
伊藤繁先生のご紹介
1993年 東京歯科技工専門学校卒業
1993年 赤羽歯科技工室勤務
2008年 青嶋ゼミ5期 修了
2009年 Paradiso Dental Studio開業