歯が痛い・しみる~虫歯・根管治療~

  • ホーム > 
  • 歯が痛い・しみる~虫歯・根管治療~

歯の根の治療・神経の治療歯の根の治療・神経の治療

虫歯が重度に進行してしまった場合、歯の根の治療が必要となる場合があります。さらに一度根の治療を行い被せ物をした歯の再治療ケースではしみる症状が出ないため発見が遅れ、その治療はより困難なものとなります。当院では世界的に正しいとされる科学的根拠に基づいた根の治療を行うことを心がけております。マイクロスコープや歯科用CT、ニッケルチタンファイル(根を掃除する形状記憶の器具)等、これらの医療器具を取り揃えているのはもちろんですが、世界標準というのはこのような器具が揃っている事ではありません。高価な器具を持っていても使用する者によっては宝の持ち腐れとなってしまいます。

世界標準の根の治療世界標準の根の治療

世界標準の根の治療

「たけうち歯科医院」の根管治療では、世界標準の根の治療を行っておりますが、いったい何が世界標準なのでしょうか?高価な顕微鏡を使用することが正しい治療ではありません、もちろん顕微鏡(マイクロスコープ)は十分条件にはなりますが、持っていればいいというわけではありません。

当院ではまず、根の治療を行う上で『無菌的環境の構築』を最重要視しています。全ての根の治療の症例でラバーダムというゴム状のシートを使用し、治療を行う歯を隔離しながら唾液や血液などが付着しない「無菌的環境」の中で進めております。世界的にはラバーダムを使用した根管治療が常識となっていますが、日本では導入している歯科医院は未だに少ないのが現状です。 そして治療に使用する器具においても必ず滅菌を欠かさず、滅菌できない器具は可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を採用するなど、「無菌的環境」での安全な治療にこだわっています。

この基本的な条件を整えた上で、マイクロスコープを使用し、肉眼では見えない感染物質を発見し除去し、細かい根の入り口をみつけ再感染のリスクを最大限に減らすことが可能となります。細かい診査診断には歯科用CTを併用することでさらに再治療リスク、あるいは外科処置の成功率を高めることが可能となります。

院長の竹内は世界標準の根の治療を学ぶべく数多くのセミナーを受講しております。特にペンシルバニア大学大学院歯内療法学科を卒業された石井宏先生主催のセミナーを中心に受講しております。また、世界レベルでの専門医の先生との連携を取り、困難な症例においては専門医へ紹介することも可能となっております。

セミナー歴:2014年石井歯内療法研修会セミナー、ペントロンジャパン『コンセプトに基づいた根管治療』、2015年石井歯内療法研修会ハンズオン受講

根の治療の重要性根の治療の重要性

歯の寿命は治療をすればするほど短くなってしまいます。特に根の治療は抜歯に至るプロセスの中では後半部分に差しかかる手前と言ってもいいでしょう。つまり、不幸にも根の治療になってしまった場合、この根の治療を手抜くことは抜歯へ後押ししてしまうことと一緒であります。しかしながら、日本の保険診療の範囲内で世界標準の治療が可能なのかと言われると、これは我々の診療報酬と治療にかけられる時間を考えて不可能と言えるでしょう。日本の保険診療における根の治療の成功率は欧米のそれと比較してやはり低いのが現実です。欧米の専門医は1本の歯に対して90分の時間を取り、顕微鏡下で行うのが通常であることを考えると至極当然のことに思えます。ゆえに、当院でも精密根管治療においては全て自由診療にて治療を行っております。

重度の虫歯には根管治療重度の虫歯には根管治療

重度の虫歯には根管治療

歯の神経は血管と一緒に「根管(こんかん)」と呼ばれる細い管の中を通っています。虫歯は重症化すると歯をほとんど溶かしてしまい、ついには根管にまで達します。虫歯菌に侵された根管は神経も血管も死んでしまうため歯を維持することができなくなり、そのまま放っておくと抜歯しなければなりません。そうならないためにも根管内部の死んでしまった神経や血管を除去し、きれいにしてから薬剤を詰め、歯を保持します。これを「根管治療」と言います。

ラバーダム防湿法ラバーダム防湿法

根管治療では根管の中の菌を可能な限り取り除きます。そのため治療中、患部に唾液や血液が入り汚染されるのを防止しなければなりません。当院では根管治療をするときにラバーダムで患部以外の場所を覆い、患部のみを露呈して処置を行います。「ラバーダム防湿法」というこの方法は100年以上も前から世界で行われている方法です。

ラバーダム防湿のメリットラバーダム防湿のメリット
メリット1唾液の混入を防ぎ衛生的に治療ができるメリット
1
唾液の混入を防ぎ衛生的に治療ができる
周囲をゴム製のシートで覆うため唾液や血液が混入しません。汚染物質をなるべく遠ざけることで再治療のリスクが低下します。
メリット2誤飲を防ぎ安全性が確保できるメリット
2
誤飲を防ぎ安全性が確保できる
歯の周囲は特殊な材料で覆うため薬液が患部以外に漏れるのを防ぐことができます。また喉にもカバーがされるため、治療に用いられる小さい器具が喉に落ちるのを防止します。
メリット3治療する歯がすぐにわかるメリット
3
治療する歯がすぐにわかる
ラバーダムから見えるのは患部の歯のみ。唇を抑える必要もなく両手で処置が可能です。そのため精度の高い治療が提供できます。

根管治療の流れ根管治療の流れ

【1】麻酔をする1麻酔をする根管治療は麻酔を使用するため痛みをほとんど感じません。

【1】麻酔をする

【2】治療を行う2治療を行う死んだ神経や血管を根管から取り除き、内部を洗浄した後に消毒をします。

【2】治療を行う

【3】根管に充填する3根管に充填する根管内部に薬剤を隙間なく詰めます。

【3】根管に充填する

【4】被せ物を装着する4被せ物を装着する被せ物をして完了です。内部は薬剤で満たされ、外側の一部に天然歯が残ります。

【4】被せ物を装着する

歯を残すための治療歯を残すための治療

他院で抜くと言われた…でも可能な限り歯を残したいと思っている方

MTMMTM
歯根破折歯根破折

メインテナンスが重要な根管治療メインテナンスが重要な根管治療

メインテナンスが重要な根管治療

根管治療で残された歯には神経がなく、健康な歯に比べると弱いのが特徴です。被せ物は人工物なので虫歯にはなりませんが、神経が無い歯は異変に対しても鈍感なため、気が付いたときには虫歯が再発していたり、歯周病になってしまったりしていることも少なくありません。

根管治療をした歯をいい状態で保つためには定期的なメインテナンスが重要な鍵となります。時間をかけて残した歯をいつまでも使うことができるよう定期検診はきちんと受け、小さな変化を見落とさないようにしましょう。