歯周病に乳酸菌が効果があるのか???

科学的根拠に基づく歯周病治療

こんにちは院長の竹内です。

近頃乳酸菌が民間療法レベルで取り上げられております。歯科医療業界でも乳酸菌が歯周病に効果があるような声も聞かれますが本当に効果があるのでしょうか?

このことについて研究された論文がスウェーデンから発表されています。スウェーデン歯周病科医の大御所であるヘルストームやステファンレンバートらの文献がこちらです。

Probiotic supplements and debridement of peri-implant mucositis:
A randomized controlled trial

HADAR HALLSTRÖM1, SUSANN LINDGREN2, CECILIA WIDÉN3,
STEFAN RENVERT3,4,5 & SVANTE TWETMAN2,6
1Department of Periodontology, Faculty of Odontology, Malmö University, Malmö, Sweden, 2Maxillofacial unit, Halland
Hospital, Halmstad, Sweden, 3Department of Oral Sciences, Kristianstad University, Kristianstad, Sweden, 4Blekinge
Institute of Technology, Karlskrona, Sweden, 5School of Dental Sciences, Trinity College, Dublin, Ireland, and
6Department of Odontology, Section for Cariology, Endodontics, Pediatric Dentistry and Clinical Genetics, Faculty of
Health and Medical Sciences, University of Copenhagen, Copenhagen, Denmark


この文献ではインプラントに炎症が起きた場合について書いておりますが、通常の歯周病と同じと考えて差し支えないでしょう。実験では49人の成人の患者に乳酸菌入りとそうでない偽薬を使用してもらいある一定期間経過した後に歯周病菌の数などを調べたものです。

 結論からいうとどちらのグループも同じような結果となり、結局のところ炎症を抑える事には普段のプラークコントロールや医院での物理的な感染除去となんら変わりがないと結論付けられております。


 世の中には色々な民間療法が氾濫しておりますが、しっかりとした科学的根拠に基づいた治療を受けたいところですね。

戻る