虫歯治療の難しさとは

むし歯治療

 こんにちは院長の竹内です。7月になり日中の気温は随分と高くなり熱中症にも注意が必要な季節となってきました。昨年から自宅では扇風機を併用して暑さをしのいでおりますが、2台くらい欲しいですね....皆様も暑さ対策はお忘れなく。

 さて、本日は虫歯の症例です。といっても処置途中の写真だけですが....虫歯の治療というのは当たり前なのですが、虫歯の部分を全て取り除いて人工の材料を詰めて修復します。これだけ聞けば治療は単純かと思われますが、『虫歯(齲蝕)』において最も難しいことは診査・診断・予知性ではないかと思います。当然深く大きい虫歯であれば冷たい物がしみたり、温かい物がしみるような自覚症状がでますが、そうでない場合も多いのが事実です。では、そうでない場合、『歯を削らずに経過観察で良いのか?』という疑問が残ります。

 確かに初期の虫歯においては食生活習慣のコントロールや適切なブラッシングで再石灰化が期待できますが、それより進んでおり自覚症状がまだない状態はどうすればいいのか?ここが最も悩ましいところだと思います。おそらくその患者さんから得られる様々な情報から総合的に評価をし介入することになりますが、適切な診査・診断が行われず進行してしまうことは避けなければなりません。

 今回のケースは他院にて経過観察を行っていた場所に対して治療を介入しましたが、写真をみると内部で虫歯が広がっていることが確認できます。原因は色々考えられるので割愛させて頂きますが、一見して何もなさそうな状態でも内部では進行しているようなこともありますので虫歯にならないよう食生活習慣のコントロールはしっかりしていきたいところですね。

戻る