歯周基本治療終了後(外科処置前)

科学的根拠に基づく歯周病治療

おはようございます。院長の竹内です。昨日はお休みでしたが、私が所属する群馬県内の勉強会に参加致しました。2か月に一度所属する先生がケースプレゼンテーションをする形で進行する勉強会ですが、今回は超音波スケーラーについての講義を大野歯科医院の大野純一先生に行って頂きました。私は一度都内で先生の講義と実習を受けたことがありますが、シンプルで分かりやすい講義は評判が高くいつも満席になるほどです。今回はその復習となりまた一つ自分の歯周病治療に対する基本的な知識を固めることができました。

 今回の症例も基本的な歯周病治療の症例となります。2枚目の写真は歯周外科処置前の再評価の写真ですが、再評価にたどり着くまで時間がかかってしまいました。この方の場合、途中来院が途絶えてしまったりプラークコントロールがなかなか上がらず私や担当衛生士ともに困っていたのですが、ご本人が歯ブラシをうまく使用することができなかったり、使い方を忘れてしまうとのことでした。なので、歯ブラシを必ず食後に使用して頂くように洗面所にふせんを貼って頂いたり、こちらで歯ブラシのやり方を書いた紙をお渡しして、そのやり方通りにブラッシングをして頂くよう指導しました。
 
 つまり、患者さんがブラッシングを面倒だと思いやらなかったわけではなく、他の全身的な疾患や患者さん自身の手先の器用さで、歯ブラシが左右されていたということです。

 そのような場合でも諦めてしまえば歯を失うことは目に見えています。ですから、可能な限りシンプルに歯ブラシを行える環境面をこちらから作ってあげることが大切なのではないでしょうか。

戻る